地震雲とは|関東地震を予測することは可能?地震に関する情報が満載!

地震雲とは

タブレット

地震予測の手段

これから発生してしまうリスクのある関東地震の予測をするために、地震雲を見分けると言った方法があります。地震雲とは地震が発生する前に見られる、特徴的な雲の事を指しています。地震雲にも様々な種類が存在していますから、よく確認しておく事が大切です。

地震雲の特徴とは?

地震雲にはどのような特徴があるのかと言うと、風に吹かれて移動することが無く、一定の場所にとどまって長い時間確認することが出来るといった事が挙げられるでしょう。この地震雲は地震が発生する数週間前から確認できる事があります。

どうして発生するのか?

どのような理由で地震雲が発生するのかというと、地面が大きく動くことによって発生する電磁波の影響だと言われています。地震によって特有の電磁波が放出され、地震雲を形成するのだとされているのです。

注意したい地震雲の種類・ベスト3

no.1

断層型地震雲

地震雲として非常に特徴的なのが、断層型地震雲となります。断層型は空を真っ二つに分けたように雲と空の境目がくっきり表れる雲となっており、非常に大きな地震が訪れる前兆として確認される事があるのです。

no.2

帯状型地震雲

まるで飛行機雲のように、空を一直線に横切るような雲が確認できる場合があります。これを帯状型地震雲といい、飛行機雲よりも太く、長く伸びていることが特徴となっています。日本で多くみられる地震雲となていますから、よく注意しましょう。

no.3

波形型地震雲

まるで雲が波のように見える雲が発生する場合があります。これを波形型地震雲と呼びます。波形型地震雲の波模様がはっきりしていると、大きな地震が訪れる可能性が高くなるといった情報もあります。

広告募集中